株式会社マルス 採用サイト

Interview

先輩社員紹介

桜井 大樹

技術本部
2020年入社

仕事とやりがい

入社後の研修を経て、IoTやWeb系の開発プロジェクトに参加。先輩に教わりながら、調査、設計書の作成、プログラミングなどほぼ全工程に携わっています。製品をリリースしたときの達成感はもとより、稼働後の情報をネット記事などで見ると、世の中への貢献を実感してやりがいを覚えます。

入社動機

地元のIT企業に絞って就活をしていました。私が探していたのは、強固な地盤を持ちながら、何かに特化した事業を展開している会社です。当社が幅広い業種の案件を扱いながら「デジタルサイネージ」という強みを持つことを知り、自分もどんどん新分野に挑戦したいと思って入社を決めました。

学生へのメッセージ

就活は多くの企業に出会えるチャンス。少しでも気になる企業があれば、積極的に話を聞きにいくべきだと思います。その企業が重要視しているのは何か、それは自分に合うものなのか、たくさん話を聞いてたくさん悩むことによって見えてくるはず。まずは行動し、自分の基準を見いだしましょう。

木村 由希

技術本部
2006年入社

仕事とやりがい

プログラムの設計、開発を担当。店舗のレジやAIを導入したシステムなどを手がけています。それらがメディアやホームページで紹介されると、思わず自慢したくなるような誇らしさを感じます。プログラムは、誰かの仕事を楽にしたり、ミスを減らしたり、暮らしをより便利にするもの。そこに携わることが私自身のやりがいにつながっています。

働きやすい環境

数年前、産休・育休を取得して半年後に復帰しました。今は出勤時に子どもを保育園まで送り定時に退勤してお迎えへ。病児保育をはじめとする市のサポートをフル活用しながら、仕事と育児を両立させています。また、理解ある社員のサポートに助けられることもしばしば。おかげで出産後も安心してキャリアを継続できています。

学生へのメッセージ

仕事は人生の大半を占めるもの。だからこそ、大変さの中にやりがいを見いだせるような仕事に出会ってほしいと願います。当社の場合、未経験での入社は珍しくありません。知識や技術は入社後に学ぶことができるので、「やる気」さえあれば着実に成長できます。自分の思いどおりにプログラムが動くのは、きっと想像以上に楽しいはずですよ。

髙野 駿太

技術本部
2018年入社

仕事とやりがい

プログラマとしてスーパーマーケットのレジのシステム開発を行っています。携わったシステムが店舗で稼働しているのを見ると、あのとき頑張って良かった!と実感。また、新人時代には分からなかったツールやプログラミング言語を理解し、応用できるようになると自分の成長を感じてうれしくなります。

入社動機

前職はSE。さらなるスキル向上を目指し、設計からプログラミングまで全般に携わることのできる当社に転職をしました。プログラミングの経験はありませんでしたが、疑問にはすぐに答えてくれる先輩方のおかげでスムーズに仕事を覚えられました。今後の目標は、業務全体を管理するプロジェクトリーダーです。

学生へのメッセージ

大切なのは、コミュニケーション能力を高めることだと思います。上司の指示を聞くときや自分の意見を伝えたいとき、お互いが理解できないと無駄な時間が生まれます。学生のときからその点を磨いておけば、社会に出てスムーズに仕事をこなせるし、面接時の好印象にもつながると思いますよ。